現在の使われ方

歯医者は治療目的によって様々な診療科目に分かれています。身近なものとして虫歯などの治療をする一般歯科や小児、矯正、審美歯科、インプラントがあります。小児歯科は子供の虫歯等の治療と、子供の歯が虫歯にならないように管理する役割があります。生えたばかりの乳歯は虫歯になりやすく、虫歯予防の為に乳歯にフッ素を塗り歯の健康を管理します。矯正歯科は歯並びや噛み合わせを治療し、歯並びがきれいに揃うようにします。審美歯科は歯のクリーニングをして、白く美しい歯にします。インプラントは、失われた歯の場所に人工歯根を顎の骨に埋め込んで固定し、その上から義歯をかぶせて治療をします。あまり身近にはありませんが、予防歯科は健康な歯を虫歯や歯周病で失わないように予防中心のケアをします。

比較的身近な歯医者を上記で述べましたが、その他の診療科目として口腔外科や訪問歯科があります。口腔外科は主に虫歯や歯周病以外の顎関節症、口の奇形や外傷等の治療をします。訪問歯科は、自分で歯医者に通院出来ない状態の介護を受けている人や身体の不自由な人が対象になります。歯医者が訪問して虫歯や歯周病の治療、入れ歯の調整や作成、口の中のケアをします。訪問して治療するので、治療費以外に交通費が発生する場合があり確認が必要です。良い歯医者かどうかの判断基準として治療の説明をきちんとしてくれること、患者の質問に応じるてくれること、院内が清潔であることです。歯医者には得意な診療科目と不得意な診療科目があります。自分の歯の治療目的にあった診療科目を選び適切な治療を受けましょう。